FC2ブログ

仮想通貨LAMDEN(TAU)の名前の由来は?|仮想通貨で初心者が稼ぐ方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ
    --.--.-- | Edit

    仮想通貨LAMDEN(TAU)の名前の由来は?

    Lamden 由来


    スペックが高いにも関わらず、マーケティングが原因で、ICO価格を下回り現在お買い得と言われているLAMDEN(TAU)。

    この仮想通貨は、日本の取引所にも、バイナンスにも上場していない為、馴染みがない方が殆どだと思います。

    この記事ではそのLAMDEN(TAU)の名前の由来についてご説明します。


    【関連記事】
    LAMDEN(TAU)の将来性・口コミ・買い方のご紹介


    LAMDEN(TAU)は、新たな電子資産アプリケーションを生み出すブロックチェーンやアプリケーションの開発者の案内人であることから、自分達をブロックチェーンのシェルパと見ているようです。


    シェルパ(sherpas)とはヒマラヤ山脈に住むチベット系の種族で、登山の案内人やポーターとしても活躍されている方々です。


    世界一の山であるエベレストがあるのがヒマラヤ山脈です。


    可能性が未知数であるブロックチェーンをヒマラヤ山脈と例えるとは、なかなかのセンスです。


    しかし、シェルパなんて登山家でないと耳にすることのない単語ですよね!

    sherpas Lamden


    話を戻しますが、LAMDENはそのシェルパの言語で ”案内する” という意味であり、その単語がLAMDENの名前の由来になっているとのことです。

    LAMDEN(TAU)の将来性や口コミ、購入方法については以下の記事に纏めましたので参考になれば幸いです。

    ↓  ↓  ↓
    https://mocjapan.com/lamden-tau-kasoutsuuka/

    スポンサーサイト

    2018.04.09 | コメント(0)Edit
    コメントを書く

     

     非公開コメント ()

    この記事へのコメント
    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
    Copyright © 仮想通貨で初心者が稼ぐ方法 All Rights Reserved.
    Designed by KAETENテンプレート
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。